社会福祉法人慈生会の誓い「いのちを慈しむ」を基本理念とし、神から与えられた、
かけがえのない命そのものを慈しむ(優しくいたわる心)「キリストの愛」を伝える。
子ども一人ひとりが、神からそれぞれ異なった賜物を与えられていることを尊び、
その秘められた可能性がのびやかに花開くよう、その環境を整え、その成長を見守り
その開花を互いに悦びあえる保育を目指す。

「成長するよう、花が咲くよう、伸びるよう」、子ども自身の内に秘められている
可能性を自ら引き出す、「生きる力」を育てる。


〈めざす子ども像〉
・豊かな感性をもち、自分らしい表現ができる子ども
・子どもの「自立」と「自律」を促し、自分で考えて行動できる子ども
・責任感と思いやりのある子ども

(新保育所保育指針に沿いながら※1〜6の要素はモンテッソーリ教育環境に基づく)
※一人ひとりの子どもがカトリックの精神に基づく環境の中で、安心と信頼のうちに、自分の内に秘められている可能性を自ら引き出せるよう「生きる力」を養い、心身豊かに成長していかれるよう援助し、どんな時にも希望を持って生きる力、賛美と感謝ができる心を育てる。(情操)

1. 十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を適切に満たし、生命の保持及び情緒の安定を図る。(養護)
2. 生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う。(健康)
3. 人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う。(人間)
4. 自然や社会の事象について興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の基礎を培う。(環境)
5. 生活の中で、言葉への興味関心を育て、喜んで話したり聞いたりする態度や、豊かな言葉を養う。(言語)
6. 様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う。(表現)

子どもたちが日々の生活の中で感じたことや考えたことを、自分なりに表現することによって、豊かな感性や表現する力、創造性が養われていきます。
これらの表現活動は、幼児期の人格形成に欠かせない大切な領域であると考えています。単なる技術の習得を目的とするのではなく、心の育ちを助ける「情操教育」として大切にしていきたいと思います。

 
対象:3.4.5歳児
毎週木曜日(第2・第4) 年に24回
専門の講師の指導(保育士は指導補助)
 

対象:3.4.5歳児  
月1回程度
専門の講師による指導(保育士は指導補助)

 
個人の自主性を尊重する『モンテッソーリ教育』は5つの領域(日常生活・感覚・数・言語・文化)があり、教具を使ってお仕事をしていきます。
専任教師を2名配置しております。
 

 
対象 :5歳児 月1回(第3金曜日) 年に12回
:4歳児 10月より月1回 年に6回 
専門の講師の指導(保育士は指導補助) 
 

園名 徳田保育園
設置主体 社会福祉法人 慈生会
法人本部所在地 〒165-0022
東京都中野区江古田3-15-2
保育園所在地 〒176-0013
東京都練馬区豊玉中1-39-10
連絡先 TEL.03-3993-5029
FAX.03-3993-9564
MAIL tokuden@jiseikai.jp
代表者 理事長/ 松本 圭世
園長/森 乃里子
園児定員数 123名
職員数 常勤:28名 非常勤:9名
職員構成 施設長1名・保育士25名・看護師1名・栄養士2名・調理員2名・事務員1名・用務員1名・保育補助3名
開園時間 7:15〜19:15 (延長保育18:15〜19:15)
事業概要 【延長保育】18:15〜19:15 
【障害児保育】中野区を通して受け入れています 
【地域子育て支援】保育所体験・出産を迎える親の体験学習・発達障がい児をもつ『親の会』・ボランティア受入・世代間交流
 

大きな地図で見る

昭和18年(1943)6月10日 社会福祉法人 慈生会設立
昭和29年(1954)7月1日 「徳田保育園」として認可、定員 80名
昭和33年(1958)4月1日 定員増、定員変更 100名(3歳以上)
昭和41年(1966)7月1日 園舎増改築、定員変更 130名(2歳以上)
昭和48年(1973)2月19日 園舎新築(現園舎)
昭和48年(1973)4月1日 0歳児(9名)からの保育とモンテッソーリ教育法導入
定員変更 187名
産休明け保育、障害児保育開始
昭和61年(1986)4月1日 定員変更 170名(幼児減少のため)
平成2年(1990)4月1日 定員変更 145名(幼児減少のため)
平成3年(1991)4月1日 1時間延長保育実施
平成5年(1992)6月20日 創立50周年記念行事
平成7年(1995)4月1日 定員減 118名
乳児保育要望増のため、また幼児からの入園希望減少のため、乳児を増やす。(0歳15名、1歳18名)
平成12年(2000)4月1日 定員内で幼児を減らし、0歳18名、1歳20名とする
平成17年(2005)4月1日 定員減 112名(0歳児12名)
(ここ数年の0,1歳児定員増による保育困難がみられ、また数年後の建て替えを見越した定員減開始)
平成18年(2006)4月1日 定員減 107名(0歳児12名、1歳児15名)
平成19年(2007)4月1日 定員減 102名(0歳児12名、1歳児15名、2歳児15名、3歳児20名、4歳児20名、5歳児20名)
平成20年(2008)4月1日 定員減100名(0歳児12名、1歳児16名、2歳児16名、3歳児16名、4歳児16名、5歳児20名)
平成21年(2009)4月1日 定員減 96名(0歳児12名、1歳児16名、2歳児16名、3歳児16名、4歳児16名、5歳児20名)
平成22年(2010)4月1日 定員減 92名(0歳児12名、1歳児16名、2歳児16名、3歳児16名、4歳児16名、5歳児16名)弾力化 3名(1歳・2歳・3歳 各1名)
平成25年(2013)2月12日 定員増 117名(0歳児9名、1歳児20名、2歳児22名、3歳児22名、4歳児22名、5歳児22名)弾力化2名(0歳児2名)
平成25年(2013)8月1日 定員増 123名(0歳児12名、1歳児20名、2歳児22名、3歳児23名、4歳児23名、5歳児23名)
平成28年(2016)4月1日 定員変更 123名(0歳児14名、1歳児20名、2歳児20名、
3歳児23名、4歳児23名、5歳児23名)
平成29年(2017)4月1日 定員変更 123名(0歳児14名、1歳児20名、2歳児20名、
3歳児23名、4歳児23名、5歳児23名)弾力運用:1名(2歳)
平成30年(2018)4月1日 定員変更 121名(0歳児14名、1歳児20名、2歳児20名、
3歳児24名、4歳児21名、5歳児22名)