デイリープログラム
子どもたちにとって、大切なのは普段の生活や毎日の遊びだと考えています。日々の生活そのものが成長へとつながる遊びの場。
子どもたちひとりひとりが遊びや生活の中から感じとるもの、それこそが心の中に響く、学びへの第一歩です。その瞬間を逃さず、一緒に感じ、受けとめ、共感することで更なる自信へとつなげます。
そんな小さなひとつひとつの学びこそが、大事だと考えています。
○おむつ交換、排泄は乳児の必要に応じ取り組んでいます。
○0・1歳児は家庭との連続性を大事にし、家庭との連絡を密にし、家庭での生活の仕方やリズムを把握します。 
○1・2号認定児の生活時間の違いに配慮し、安定した生活ができるよう配慮しています。
○2号認定児の午睡は、その子の状況に合わせ対応します。
○園児の在園時間の長短があることから、一人一人の状況に応じ、心身に負担をかけないよう配慮しています。

登園後、身支度を済ませた子から、それぞれのテーマに添った遊びを中心とした活動が始まります。
 

お話は、絵本紙芝居なども利用しますが、素話の時間を多く持つようにしています。
 

給食は、体にやさしい食材を使用し、こころを込めて毎日調理しています。アレルギー対応給食もご用意しています。年に数回(遠足など)、行事の際はお弁当の日です。

春は桜がお出迎えです。
 

門をくぐると、園庭では大きな花壇が見守っています。
 

秋は紅葉がきれいです。

 

 

園行事

すぎのここども園では、園行事を「四季を実感しながら1年を通して学ぶ機会」と考え、さまざまな行事を行っています。


入園式、始業式

親子遠足(年少・中・長)、保育参観、
いちご狩り

プール開き、個別懇談会
 

夏まつり、お泊まりキャンプ(年長)

始業式

わいわいカーニバル(運動会)
 

保育参観、学年ごとの遠足、

おもちつき

わくわくカーニバル(発表会)
クリスマス会
 

始業式、お別れ遠足(年長)、
個別面談

保育参観

お別れ会、卒園式、終業式
 

保育環境

「いきいき わくわく キラキラ」子どもたちの日々がこんな姿だといいなと願っています。自分で自分の体を動かし、観て、触れて、緊張して、驚いて、歓喜できる毎日を。「いきいき わくわく キラキラ」できるような環境になるよう、遊具・色々なコーナー・水辺・草花・木…すべてのものを大切にしています。たくましく発想・想像し、そして創造する…、そんな柔軟な生きる力を育んで欲しいと考えています。
子どもたちは毎日の遊びの中で、植物・昆虫に接し、生きものの不思議さ、命の大切さ、四季の変化を全身で学んでいます。きれいに整備された自然ではなく、泥だらけの水辺や重なり合う落ち葉など、休むことなく変化し続ける園庭で、ありのままの自然を感じて欲しいと考えています。

子どもたちは「見立て」が得意!
シンプルな布や積み木を何にでも変身させることができます。遊びに必要なものを考え、見立て、目の前にある素材を使って作る…。そんな中から豊かな想像力が育っていきます。すぎのこは、考えながら遊ぶ環境を大切にしています。

ご家庭の食事で多くなりがちなタンパク質の肉・魚・卵などに対して、不足しがちな野菜類を中心としたメニューです。野菜が苦手な子も、だんだん味に慣れてくるようです。
主食のご飯は元気のもと。
たくさん食べてもらえるよう、炊きたてのおいしいご飯を提供しています。