在園児の保護者の方へ
  1. home
  2. 在園児の保護者の方へ
預かり保育申込書はこちらからダウンロードできます。
ご在園の幼稚園の「ダウンロードする」ボタンをクリックしてください。
○預かり保育申込書(通常時用)
 ダウンロードする
○預かり保育申込書(土曜日用)
 ダウンロードする
○預かり保育申込書(通常時用)
 ダウンロードする
○預かり保育申込書(土曜日用)
 ダウンロードする
地震が発生した場合、下記のような対応を取りたいと思います。ご周知おきください。
1.通常保育時で、園児が園にいる場合
a. 震度6クラスまたはそれ以上の地震が発生した場合
園敷地内で一時避難したのち、園敷地内の安全な場所に避難します。
帰りのスクールバスは運休し、放課後の預かり保育も中止します。全園児、保護者または保護者の指定する代理人の方にお迎えに来ていただいて、園児をお引き渡しします。

※実際に震度6以上の地震が発生した場合は、保護者の皆さまへ電話等で連絡することが困難になると予想されます。従って、園から特に連絡がない場合でも、保護者または保護者の指定する代理人の方にご来園いただきます。また、可能な限り、「NTT災害用伝言ダイヤル」を用いて園の状況をお伝えします。
b. 震度5程度の地震発生の場合
一時避難ののち、通常の保育を続行する予定です。しかし、被害状況や余震などの状況により、早めの保育終了、預かり保育中止等の措置を講じることもあります。その場合は、ペンギンメールまたは電話にて保護者の皆さまに連絡します。
c. 震度4程度の地震発生の場合
一時避難ののち、安全が確認されれば、通常の保育を続行し、通常の降園とします。
2.通常保育日で、園児が登園する前に地震発生の場合
a. 震度6クラスまたはそれ以上の地震が発生した場合
自宅で待機し、園からの連絡をお待ちください。
b. 震度5程度の地震発生の場合
通常通りの保育を原則としますが、余震や被害の状況によっては自宅待機も考えられます。
その場合はペンギンメールまたは電話にて連絡します。
c. 震度4程度の地震発生の場合
安全確認のうえ、通常通り登園してください。
3.朝・帰りのスクールバス運行中に地震発生の場合
朝・帰りとも、バス運行中、震度6またはそれ以上の地震が発生した場合は、その先の送迎は中止し、その時点で乗車している園児のみ、園に戻る努力をします。
保護者の方には原則として、園までお迎えに来ていただきます。

園舎の耐震性について
園舎の耐震性について、以下のようにご報告いたします。
●東仙台幼稚園         平成元年に新築
●東盛幼稚園・東盛マイトリー園 平成15年に耐震補強済み
尚、東日本大震災後、耐震診断を受け、安全が保障されておりますのでご安心ください。
ページトップへ