法人理念と沿革

社会福祉法人 山陽児童福祉会は、山陽いろは保育園・清風いろは保育園の2園からなる法人です。
両園共に赤磐市の豊かな自然や文化遺産に恵まれた土地で保育を行っています。

保育理念(事業運営方針)

本保育園は児童福祉法にもとづき保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設である。

したがって、保育園における保育は、ここに入園する乳幼児の最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしいものではなくてはならない。

保育方針

家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力のもとに家庭養育の補完を行う。

子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。

養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成する。

地域における子育て支援のために、乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言をするなどの社会的役割を果たす。

保育目標

「健康と安全」「習慣と性格形成」「能力の伸長」の3つの調和的実現によって、心身ともに健全に育成するという保育の目標は達成される。

[1]
健康な身体と、しっかりとした運動機能を育てる。

[2]
基本的生活習慣を自立させ、自律心を育てる。

[3]
自己表現力を高め、また環境を認知して、自分で様々な事態に対処できる能力と決断力、そして勇気を育てる。

[4]
想像力、空想力を豊かにする。

[5]
情緒性、社会性を育て、安定した性格を育てる。

[6]
社会的、葛藤に対する健全な反応を発達させる。

[7]
芸術的なものを受け入れられるようにする。

[8]
独創性に富む高い知性を育てる。


子どもの保育目標

[0歳児]

◯手足を動かし、部屋の内外でたっぷり遊ぶ。

◯自分の欲求を伝える。


[1歳児]

◯好きな遊びに熱中し、室内外でたっぷり遊ぶ。

◯自分の欲求や要求を伝える。


[2歳児]

◯好きな遊びに熱中し、
 身体を動かしたり友だちとのかかわりを喜ぶ。

◯簡単な身の回りのことが
 自分で出来るようになり、
 自分の欲求、思いなどを言葉で伝える。


[3歳児]

◯生活に必要な基本的な習慣や態度が身につく。

◯友だちとのつながりを広げ、
 集団で活動することを楽しむ。

◯身近な環境にかかわり、
 興味を持って楽しんで遊ぶ。
 
◯自分の思いや気づいたこと、感じたことを
 様々な方法で表現する。


[4歳児]

◯健康、安全に過ごすために必要な基本的な
 習慣が、日常生活の中で次第に身につく。

◯相手の気持ちを考えたり、認め合ったりして、
 友だちとのかかわりを深め、
 集団で活動することを楽しむ。

◯身近な環境へ積極的にかかわり、
 感じたことや思ったこと、想像したことなどを
 様々な方法で自由に表現する。


[5歳児]

◯自分で出来ることの範囲を広げながら、
 健康安全などの生活に必要な
 習慣や態度が身につき、
 その大切さを理解して、主体的に行動する。

◯人とのかかわりの中で、
 社会生活に必要な態度が身につき、
 思いやりや感謝の気持ちを持って、
 充実感を味わう。

◯身近な自然や社会事象にかかわり、
 興味や関心を持って、
 豊かな心情や好奇心、探究心が高まる。

◯感じたことや考えたことを、
 自分なりに表現し、
 豊かな感性や表現する力が育ち、
 創造性が豊かになる。



山陽児童福祉会の沿革

昭和48年7月 社会福祉法人 山陽児童福祉会設立認可(厚生省収児 第454号)
創立者 舟橋孝禮が理事長
昭和49年4月 山陽いろは保育園開園認可(岡山県和福 第5号)
園長 舟橋裕子
昭和60年4月 清風いろは保育園開園(財団法人日本船舶振興会補助事業)
昭和63年10月 舟橋理事長、論文三篇「福祉施設士文献目録」(全社協)に採録される。
平成5年3月 清風いろは保育園遊戯施設竣工(平成4年度 財団法人日本中央競馬福祉財団助成事業)
施工/大和ハウス工業(株)
平成9年9月 山陽いろは保育園園舎新築のため下市より、中島地区仮園舎へ移動
平成10年3月 山陽いろは保育園園舎竣工 平成9年度国県補助事業 施工/(株)浅沼組
平成11年3月 清風いろは保育園併設民間コミュニティー児童館 竣工
平成12年4月 山陽いろは保育園 日曜、祝日保育開始