ホーム
保育園の概要
保育園の一日
行事予定
保育園の案内図なかふらの地域子育て支援センター そらいろのたね
ウェブリンク
ライブカメラ





○教育保育理念
「生命感覚を回復し、他者の差異(ちがい)を認め、ともに生きる智慧を学ぶ。」



(1)教育保育目標
「他人の意見をしっかり聞いて、自分の考えをはっきり言い、自分で決断し、行動できる人間になる」

1. 十分に養護の行き届いた環境のもとに、くつろいだ雰囲気の中で幼児の様々な欲求を適切に満たし、生命の保持及び情緒の安定をはかる。
2. 健康・安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う。
3. 人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てると共に、自主・協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う。
4. 自然や社会の事象について興味や関心を育てそれらに対する豊かな心情や思考力の基礎を培う。
5. 生活の中で言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や、豊かな心情や思考力の基礎を培う。
6. 様々な体験を通して豊かな感性を育て創造性の芽生えを培う。


(2)教育保育の方法 「選択性・習熟度別・環境充実型」
1. 一人一人の子どもの置かれている状態及び家庭・地域社会における生活の実態を把握するとともに、 幼児を温かく受容し適切な保護・世話を行い幼児が安心感と信頼感をもって活動できるようにする。
2. 子どもの発達について理解し、幼児一人一人の特性に応じ、発達の課題に配慮して保育する。
3. 幼児の生活リズムを大切にし、自己活動を重視しながら、生活の流れを安定・調和のとれたものにする。特に入所時の個別的な対応での安定や、無理のない集団適応への配慮に留意する。
4. 幼児が自発的・意欲的に関われるような環境の構成と、そこでの幼児の主体的な活動を大切にし幼児期にふさわしい体験が得られるように遊びを通して総合的に保育する。
5. 個々の幼児の活動を大切にしながら、子ども相互の集団活動を効果あるものにするように援助する。


(3)教育保育の環境について
1. <人的環境>
こまやかな配慮と愛情をもって、受容的であること。子どもの主体的、自発的活動に対して援助的であること。
2. <物的環境>
家庭的な親しみとくつろぎの場であるように配慮する。子どもの活動が豊かに展開されるような時間・空間・遊具を適切に配慮する。
3. <自然・社会現象>
地域社会の中で様々な体験ができるように配慮する。自然の中で遊びを通して体験的に学習できるように配慮する。




[編集]