園の1日

年間行事

板東みやま保育園では、保護者の皆様や地域の方々との連携事業も積極的に取り組み、子ども達が豊かな経験を重ねられるような行事を行っています。
ー 春 ー

○入園式   ○お花見
○お接待   ○親子カレークッキング
○保育参観
ー 夏 ー

○かかしクラブとの交流
○七夕祭り ○夕涼み会
○プール開き ○水遊び
 
ー 秋 ー

○おじいちゃん、おばあちゃんお招き会
○運動会   ○育児相談&試食会
○芋ほり   ○遠足
○消防車見学
ー 冬 ー

○もちつき   ○クリスマス会
○初詣     ○伝承遊び
○節分     ○表現会
○ひなまつり会 ○ぽかぽか遠足
○卒園式

【毎月の行事】
 ●避難訓練………………月1回以上
 ●わらべうた遊び
 ●絵本の読みかたり
 ●お茶のおけいこ………毎月 3〜5歳児
 ●いっしょにうたおう…年3〜4回

【専門講師による指導】
 ●サッカー教室…………月1回 3〜5歳児
 ●リトミック……………週1回 3〜5歳児
 ●運動遊び………………週1回 3〜5歳児

【保護者会】
 ●保護者の親睦を深め、大人も子どもも楽しめる行事を園とともに開催したり
  研修会を行います。

特色ある活動

お接待
四国八十八ヶ所の一番礼所、霊山寺が近くにあり、「お接待」という文化を保育に取り入れています。訪れたお遍路さんとのかかわりを大切にしています。
 

よろこびのうた「第九」の活動
板東は、第九初演の地です。「第九」は地域や住民の方々の歴史と文化が刻まれた特別な歌と捉え、日本語とドイツ語の両方で自然に歌えるようにしています。地域のイベントにも参加し、多くの方々に歌声を届けています。
 

デイリープログラム

一人ひとりの子どもの成長と子ども同士の関係や協働的活動が促されるよう配慮します。
就学前保育として生活習慣の振り返りも必要です。また、異年齢で構成されるグループでの保育については一人ひとりの子どもの生活や経験、発達過程などを把握し、適切な援助や環境構成ができるように配慮します。
乳児〜1歳前半までの園児については未熟で個人差もあるため、一人ひとりの生活(ミルク・離乳食・昼寝・排泄・あそび)を十分考慮して保育をしています。
7:00〜 順次登園(健康観察)、合同保育・遊び
8:30 戸外遊び(固定遊具・砂場・散歩・菜園活動他)
室内遊び(製作遊び・リズム遊び・集団遊び他)
9:30 課題遊び・自由遊び
11:30 昼食
12:00 歯磨き
13:00 午睡
15:00 順次目覚め
15:30 おやつ
16:00〜 順次降園・遊び
17:30 合同保育・遊び
18:00 延長保育
19:00 閉園


戸外遊び
 

食事
 

室内遊び