説教抜粋

毎週の礼拝説教の抜粋を掲載しています。聖壇を飾るお花、教会の様子なども掲載します。

2017年12月10日 ( 日 ) 12月10日説教抜粋


 

 
 
[バックナンバー]

1月21日説教抜粋
1月14日説教抜粋
2018年1月7日の説教抜粋
2018年1月の聖書箇所・賛美歌等
12月24日説教抜粋
12月17日説教抜粋
12月10日説教抜粋
12月3日説教抜粋
11月26日説教抜粋
12月の聖書・賛美歌等(12月24日朝礼拝までの予定表です)

1-10 / 全 176 件 次のページ
 
12月10日説教抜粋
「折が良くても悪くても」
テモテへの手紙二 第3章14−第4章8節
 信徒時代に、礼拝後の報告の時間でありました。何かの集会出席要請のご案内をしたときに「時間があれば」とか「機会があれば」というようなお勧めをしたのです。そのあと、当時の立石賢治牧師に呼ばれ、「教会のご用は、時間があれば、とか、機会がゆるせば、ということではなく、折りが良くても悪くてもすべきなのです。」と教えてくださったのです。多分、その時、聖書箇所も示してくださったのではないでしょうか。時間があれば、とか、機会が許せば、ということは人間的なことがらに属します。神様のご用は、その人にとって都合のいい時ばかりではなく、時には都合の悪い時にこそ、果たさねばらないことがあると理解できたのはずいぶんのちのことです。(牧師 中井利洋)
※写真は、盒恭里さんと佐藤正隆さんのコンサートです。演奏中は、写真は撮れませんので、終わったおあとです。さらに、演奏者に挟まれて牧師もとっていただいてご満悦です。