風信子だより

ここでは、仙台東教会が毎月発行している「風信子(ひやしんす)だより」を掲載しています。牧師や教会員の方の記事を中心にした月報です。

2017年05月21日 ( 日 ) 「風信子便りに寄せて」「新築マンションの件」


 
風信子便(ヒヤシンスだよ)り 2017年5月号 
  120号 仙台東教会月報
        
 「風信子便り」百号を記念して、寄稿していただいた文章がなかなか日の目を見ないので、今回百二十号を覚えて小川美奈子姉から頂いた文章を発表させていただきたいと思います。小川さん、遅くなってごめんなさい。(中井利洋)  

風信子便りによせて

風信子便り100号おめでとうございます。
毎月、風信子便りには色々な情報が満載で楽しみにしています。
時には仙台東教会の歴史であり、時には先生の歴史であり個人情報ともいえる話題が満載です。私はこちらの教会に導かれてからはまだ十年ですので教会の歴史や歴代の先生方や教会員の方々の事を知る機会になり、勉強になりました。中井先生が赴任されてすぐ始まりましたので教会の説教ではなかなか知り得ない先生の人脈や趣味や人柄を感じる事が出来、先生と信徒の距離を縮めるのに大きな役割をはたしていたと思います。
どの号にも共通して言えるのは、全てが神様のご計画の中に生かされている事がわかる事です。人間の目には不思議な偶然に見える事柄も全ては神様のお取り計らいなのだと思わされます。
全ては神様の御手の中にあると思うと安心して生きて行くことができます。
これからも風信子便りを楽しみにしています。毎月大変だと思いますがよろしくお願いいたします。小川美奈子
                         

教会南側の新築アパートの件

 仙台東教会HP(ホーム・ページ)の風信子便り三月号に、南側から見た牧師館の写真を載せましたが、2カ月経つと左のようになってしまいました。以前の「武田アパート」がなくなって、新しいアパートが三棟建ちます。

 足場を建てたのが四月下旬、突然牧師館BS放送が映らなくなってしまいました。建物の影響であっという間に見えなくなってしまったのです。急いで建築業者に電話して交渉しましたら、全面的に当方の建築に原因があるので、責任を持って工事を行うとのこと。地上波のアンテナ横に、BS用のアンテナを移設して、無事にBS放送が見られるようになって事なきを得ました。
 覚悟はしていたものの、日当たりのよい南側が、一変して今流行しているロフト付きのワンルームマンションンに変わってしまいます。ロフトがあるということは、かなり屋根の高い二階建てということになります。南側はほぼ塞がれてしまうわけです。
 でも、ほんのわずかな間隙ですが、日差しがのぞくこともあります。お日様は、いつも公平に私たちを照らしています。5月16日(火)、17日(水)には、庭師の栗栖要一さんが、教会の木々を美しく剪定してくださいました。保育園の枯れた梅の木も伐採してくださり、助か
りました。これからは、花の季節です。 神様の恵みによって生かされ
ている私たち…。「どんなことにも感謝」して、日々生活いたしましょう。  (牧師 中井利洋)
[バックナンバー]

「風信子便りに寄せて」「新築マンションの件」
新年度に思うこと
第4回東北教区宣教部委員会報告
2016年度仙台東教会教勢
第65回北海教区年頭修養会出席報告
もう一つのクリスマス
「聖体拝領」氏家桂子さん、「教会の思い出」丹野美香さん
10月にいただいた恵を数える
松島〜札幌〜東京
秋田旅行記、「礼拝と音楽研修会」他

前のページ 11-20 / 全 48 件 次のページ