学校法人 美瑛青葉学園 青葉幼稚園
〒071-0205 北海道上川郡美瑛町栄町3丁目2-14
TEL:0166-92-1487 FAX:0166-92-1478
保護者の皆様へ

教育理念
年間行事

幼稚園の一日

子育て支援

幼稚園ブログ

保護者専用


HOME

  教育理念

幼稚園が大事にしていること

■教育理念

人生を1本の木にたとえると幼児期の教育は木の根っこの部分になります。
根っこを伸ばすことで元気な枝や葉っぱ、そして花や実が育ちます。
目先のことではなく、これからどんなことがあっても立ち上がることができる、
そんな根っこ育てをしていきます。
■教育目標

すなおで明るい元気な子

■教育方針

●思いやりを持てる子ども
体験保育で自然や動植物に親しむことで、命の大切さを知り、豊かな心情を育てます。自由活動や異年齢活動を通して年下の子や困っている子に自然と手を貸せるような子ども達に育てていきます。

   
●仲間と協力する喜び、感動を味わえる子ども
たくさんの行事の中で共に力を合わせて頑張り、達成感と感動を味わうことで心身共に、たくましく生きる人間形成の基礎を培っています。

   
●子どもらしい子ども
同年代の子どもと真剣にぶつかり合うこと。自分の身体を思いきり動かすこと。創造力を働かせて何かに没頭すること。そして、楽しい時は笑い、悲しい時は涙する。そんな表情豊かな子どもに育てていきます

   
▲ページトップへ
■ 教育の特色

●自由活動
幼児の生活の中心は遊びであり、遊びは幼児期の重要な学習の場です。
ただ遊んでいるだけに見えるかもしれませんが、子どもは遊びの中から学び成長しています。
長い一生の中で思いっきり遊べるのは幼児期だけです。
言葉で100回言われるよりも、自由な時間の中で遊びながらぶつかり合って、協調性、社会性、情緒、感謝、思いやりなど今大切なことを身体で覚えていくのです。
コミュニケーション力をつけるためにも大切な時間です。

●異年齢活動
年々、子どもが減っています。
家庭でも兄弟が減り、町内でも少年団が減り、子ども同士の交流の場がどんどん減ってきています。
当園では、異年齢活動の時間を設けています。
異年齢で過ごす事で、年下の子は年上の子の行動に憧れ、自分たちで真似をして覚えようとします。
年上の子はそんな年下の子の視線を感じ、より一層お手本になるよう頑張ります。
子ども同士で育ち合い、生きる力を育んでいきます。

●体験保育
自然の中、季節を感じ五感を使いながら様々な発見や遊びを知り、豊かな心、思いやりの心、たくましく生きる心を育てます。
子ども達の知りたい見たいという好奇心を大切にしています。
・スイカ植え、収穫 ・野菜作り ・ふれあい牧場 ・動物園 ・科学館サイパル・川遊び など

●体づくりの保育
体を動かすことの楽しさを味わい体を鍛え、心も体も強い子どもに育つよう取り組んでいます。
・雑巾体操 ・ラジオ体操 ・和太鼓 ・はだし保育 ・体操あそび・外遊び ・散歩 ・プール遊び など

●学びの保育
季節ごとに日本文化を学ぶことを大切にしています。
また外国人専任講師と歌やゲームで楽しみながら、異文化に興味や関心を持つことでグローバルな社会に物応じしない心を育みます。
・七夕祭り ・クリスマス ・お正月会 ・おもちつき ・豆まき ・おひな祭り会 ・英語あそびなど
■概要

園名 青葉幼稚園
設置主体 学校法人美瑛青葉学園
理事長 佐藤 正浩
園長 佐藤 秀子
所在地 〒071-0205 北海道上川郡美瑛町栄町3丁目2-14
連絡先 TEL:0166-92-1487 FAX:0166-92-1478
園児定員数 100名(3歳児〜5歳児)
クラス構成 5歳児クラス、4歳児クラス、3歳児クラス
職員数 園長、主任、教諭(8名)、事務長、事務職員(1名)、臨時職員(2名)
開園時間 午前8時〜午後6時(預かり保育を含む)
保育時間 午前9時〜午後2時
預かり保育 通常預り保育 :午後2時〜午後6時
長期休園日  :午前8時〜午後6時
振替休園日  :午前8時〜午後6時   

保育休園日  :土・日・祝日・開園記念日・お盆・年末年始・行事準備の前日等
子育て支援 2歳児親子登園「おひさま」 
5月〜2月 毎週火曜日 午前10時〜12時
幼稚園開放 0〜5歳児「わくわくくらぶ」
幼稚園開放 0〜1歳児「ぴよぴよくらぶ」
幼稚園の足跡 昭和35年(1960年)5月に現在地に創設され、昭和37年10月に学校法人として認可され、50数年間、地域の幼児教育に関わっております。
 創設時以来、何度もの新築、増改築をかさね、最大時は200名の園児を預かっておりましたが、昭和54年に園舎を新築後、定員を見直し100名とし、現在は、83名が通園しています。
また、これまで約3,300名の子どもが当園から巣立って行きました。
当園では毎年全職員による、道内外の私立幼稚園等での視察研修を実施し教育現場のあり方や、施設を参考に改修・改善をはかるとともに、保護者や教育関係者による評価を幼稚園運営の改善に活かしております。
 
▲ページトップへ
■沿革

昭和35年5月 創設
昭和37年10月 学校法人認可
昭和54年7月 園舎新築 
平成28年4月 子ども・子育て新制度による施設型給付施設に移行
 
▲ページトップへ
 
Copyright(C)2013 aoba Kindergarten. All right reserved. このホームページに掲載されている画像・文章の無断使用はご遠慮ください。 編集