HOME 入園をお考えの方へ 未就園児の保護者の皆様へ
お知らせ・お願い あいあい日記
あいあいコラム  10月号

〜愛されること〜


愛することは

とても大事なこと


しかし、

愛されることは

もっと大事なこと


なぜなら

愛されたいと

思わない人は

いないから


愛されないことは

この世でいちばん

辛いことだから


だからみんなが

愛される人に

なってほしい







〜理想の保育者〜

「あなたはなぜ、保育者になりたいと思ったのですか?」
この問いかけに対して、「私は子どもが大好きだからです」と答える人が多いと思います。もちろんこれはとても良いことだと思います。なぜなら、もし、子どもが嫌いな人がこの仕事に就いているとすれば、保護者は子どもを安心して預けることはできないでしょうし、何より本人にとって、とても不幸なことです。

しかし、少々意地悪な質問ですが「子どもが好きなだけで保育者になれると思いますか?」こう問われればいかがでしょうか。答えは賛否両論かも知れませんが、私は「子どもが好き」ということは保育者にとって欠くことができない要素ですし、まずは、その気持ちがなければ保育の仕事は務まらないのですが、それだけでは不十分だと思います。
では、何が必要か?それは、子どもに好かれるということです。何故なら「子どもが好き」であれば必ず「子どもから好かれる」という訳ではないからです。「子どもが好き」ということはもともと本人がそう思っていることですから、格別の努力は必要ありません。しかし「子どもから好かれる」には努力が必要です。そしてこの知恵を絞ったり工夫を凝らす努力をすることこそが保育者に求められることです。

保育現場で、先生が子ども達に好かれているかどうかは、日常のふとした時に垣間見られます。子どもに好かれている先生のまわりには、いつも子どもの笑顔が溢れています。まるで、その先生に吸い寄せられるように集まってくる子ども達。言うまでもなく「子どもに好かれる」ということは子どもにおもねることではなく、誤解を恐れず言えば、叱られることもあるけど先生が大好きということです。まさに子どもと先生の信頼関係と言えますが「信頼」とは、人間関係を良好にする一丁目一番地です。子どもから好かれる保育者は、いつもそこに住んでいる子どもが大好きな人で、それこそが私が思う理想の保育者です。







                                                平成29年10月号
                                               理事長 柿迫 重正



☆今月の予定☆

2日(月) きりん組 衣装写真撮り
5日(木) 運動会リハーサル(白水小)
6日(金) 運動会リハーサル(白水小)
8日(日) あいあい運動会 9:00開会
12日(木) 未満児身体測定
13日(金) 以上児身体測定、未満児歯科検診 10:00〜
16日(月) 全園児内科健診 9:30〜
19日(木) 秋の遠足(りす組以上)
20日(金) 以上児歯科検診 10:00〜
26日(木) 10月生まれの誕生会
27日(金) あいあいクラブ
28日(土) ふれあいちびっこ相撲大会(きりん選手)

★課内活動予定★

茶道→23・30
書き方→17・24
体操→4・11・18・25
英語→12pm・26pm
音楽→5・12 
編集]    
▲このページのTOPへ戻る
社会福祉法人 めぐみ会 あいあい保育園
copyright © 2010- AIAI nursery school All rights reserved.